FC2ブログ

ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ウォーターフォールしかできない組織の構造上の問題

2010年08月11日 22:06

/.のネタ...

「ウォーターフォール開発」、本当に日本でうまく行っているのか?

記事を見ると

Humble氏は日本の開発工程に「バグフィックス工程」がないことに驚いたらしい。

とあったが、

私もそう思う...(・ω・)
いくつものミドル製品やフレームワークを組み合わせて開発するのに、机上の設計だけで技術解や問題が見つかるわけないじゃん...
要求される仕様自体、年々難易度が増していくうえに、ミドル製品やフレームワークの複雑度が上がって行く中、システムとして組みあがってからでしか見つからない課題が出てくるのは当たり前のことだと思う...
そんなシステムを、机上だけで100%間違いなく組めるエンジニアなんて、世界中探したっていないと思う...
もしできるというエンジニアがいたら、余程のうぬぼれ屋か、複数人数で大規模なプログラムを作ったことの無い人だと思う...

早い段階で技術課題がありそうな箇所から開発して、早い段階で”リアル”な問題をつぶさないと、無駄に時間が浪費されているだけだと思う...

ウォーターフォール開発で、「設計の審査が通らないと実装は許さん!」なんて管理をしていたら、技術解がグレーのまま設計に時間が費やされて、土壇場で大きな問題になるのに...
特に性能問題といった、非機能要件に関わる問題がぼろぼろ出てくる...orz

まぁ日本の組織の構造上、アジャイルな開発を行うのは困難なんだろうな...と思う...
多分ウォーターフォールしか選択肢がないのが現状なんだろうな...

ならばせめて、机上での設計は機能設計までにして、それ以降はプロトタイプ開発と検証をすばやく繰り返す開発にするのが一番いいのではないかと思う、今日この頃なのです...(´・ω・`)ショボーン

プロトタイプ開発と検証をすばやく繰り返すスパイラル開発なら、RedmineTracといったプロジェクト管理ソフトが威力を発揮してくれると思う :-)
チケットをただのバグ管理票として使っている間は、宝の持ち腐れだとも思う...

コンピュータ様は、人間の思ったとおりになんて動いてくれないよ...
ちゅか、人間の人知を超えるほど、昨今のシステムに要求されるものが複雑で巨大になってきていると思う...



上の本の、2.2ソフトウェアプロセスのモデルという章を読むと色々参考になると思う...
あと、コラム2.1 ウォーターフォールモデルの欠点 も、問題点が的確に書かれていて面白いです
スポンサーサイト

プログラミング コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

PANTOMAIMU

Author:PANTOMAIMU
本当は仕様を決めたり設計だけじゃなく、プログラミングもしたいのに~というジレンマを抱えながらも、時間があれば家でプログラムを作ったりしている、しがないSE....
趣味はお絵描きに曲作りに自転車 :-)

Twitter @PANTOMAIMU

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。