FC2ブログ

ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

SL6.0で複数IP設定

2011年05月27日 23:42

Scientific linux 6.0に移行して、ほぼ問題なく使うことができているのですが...

Network Managerの融通の利かなさぶりに  ( ゚д゚)ポカーン

IPアドレス設定ファイルを追加する方法で、1つのNICに複数IPを割り当てると、Network Managerが余計なことをして片方のIPを無効にしやがりました....orz

仕方がないので、Network ManagerのGUIから複数IPアドレスを設定すると、とりあえずIPアドレスを追加することは出きるけど、追加したIPアドレスがifconfigで確認できない有様...

まぁこれは、一つのIPアドレス設定ファイルに複数IPアドレスを記述するやり方でIPアドレスを追加した場合、ifconfigで追加したIPが確認できないことが問題なんだけどね...

まぁ、どちらにしてもいろいろトラブルの元になりそうなので、Network Managerを止めて、IPアドレス設定ファイルの定義を追加する方法で、複数IPを割り当てをすることにしました。

で、サービスの設定を使って、Network Managerを停止...
スナップショット3

あとはrootになって、/etc/sysconfig/network-scriptsの下に、追加するIPアドレスの設定ファイルを追加します。
追加の手順はまず、

元々あるeth0の設定ファイル ifcfg-eth0 をコピーして、追加するIP用の定義ファイルを作成します。
※この時、rootになっておくことが必要

>cp -p ifcfg-eth0 ifcfg-eth0:1

コピーして作ったifcfg-eth0:1のIPアドレスを変更して、追加IP用定義ファイルは完成です。


DEVICE="eth0:1"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
BOOTPROTO=static
IPADDR=***.***.***.41
PREFIX=24
GATEWAY=***.***.***.4
DNS1=***.***.***.1
DNS2=***.***.***.2
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
NAME="System eth0:1"
UUID=********-****-****-****-****d65f3e03
HWADDR=**:**:**:**:**:58


赤い字のところが、追加変更した場所です。

変更したあとは、

>/etc/rc.d/init.d/network restart

を実行して、設定を反映させます。

これでなんとかIPアドレスの複数設定は完了 :-)
スポンサーサイト

Linux コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

PANTOMAIMU

Author:PANTOMAIMU
本当は仕様を決めたり設計だけじゃなく、プログラミングもしたいのに~というジレンマを抱えながらも、時間があれば家でプログラムを作ったりしている、しがないSE....
趣味はお絵描きに曲作りに自転車 :-)

Twitter @PANTOMAIMU

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。