FC2ブログ

ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

WHR-G301N With OpenFlowSwitch

2012年03月24日 23:17

どうもご無沙汰しています...orz
仕事や風邪などなどありまして、ここ数週間ブログが書けずにいました...(´・ω・`)ショボーン

そんなわけで...ちょっと遅くなってしまいましたが

先日、自宅ラック勉強会 #2.5 秋葉原出張編に参加することができ、OpenFlowSwitch(Ver1.0)を手に入れました :-)

OpenFlowSwitch1
濃い人たちが集まっていて、かなり面白い勉強会でしたw
あと、この勉強会が開催されてから、巷でWHR-G301Nを大人買いする人が現れたりという現象が起きていましたw

詳細は自宅ラック勉強会 #2.5 秋葉原出張編を見てもらうとして、このOpenFlowSwitch、バッファローのWHR-G301N のファームウェアをOpenFlow 1.0 for OpenWRTに書き換えてOpenFlowSwitchにしてしまったもので、4ポートのOpenFlowSwitchとして動作します。
実際Tremaと繋いで、OpenFlowのプロトコルを話してフロー制御をしてくれます。

OpenFlowSwitch2

WHR-G301Nは実売価格2000円ぐらいで買えるので、複数買って簡単なSDNを構築する実験もできたりします。

ファームウェアのイメージや、インストールの仕方などなど、自宅ラック勉強会 #2.5 秋葉原出張編の最後のほうにまとめられているので、OpenFlowに興味はあるけどOpenFlowSwitchが手元になくて...と思って二の足を踏んでいる人は、ぜひ試してみてくださいヽ(=´ω`=)/

んで、最近少しまたTremaする時間が取れ始めたので、ちょっとこのWHR-G301N With OpenFlowSwitchの性能を測ってみました。

計測は、ノートPC上VirtualBoxに、Trema用Node、計測用パケット送信用Node、受信用ノードの3つのゲストを立ち上げて、iperfを使って計測してみました。

※USB LANアダプタと使って、ゲストごとにNICを分けています。

FlowLine
だいたいこんなイメージ...

Tremaのフロー制御プログラムには、Tremaサンプルのlearning_switch(L2SW相当)を使って、iperfからUDPパケットを100Mbits/secで送りつけて、帯域幅と遅延を計測してみました。

受信側(Node2)では、iperfをサーバ&UDPパケットで実行します。
$ iperf -s -u

送信側(Node1)では、iperfをクライアント、UDPパケットを100Mbits/secで送りつけるように実行します。
$ iperf -c [Node2のIPアドレス] -u -b 100000000

上記の計測の結果、このOpenFlowSwitchは

帯域幅 = 46 Mbits/sec ぐらい
遅延 = 0.2 ms ぐらいでした

$ iperf -c 192.168.100.12 -u -b 100000000
------------------------------------------------------------
Client connecting to 192.168.100.12, UDP port 5001
Sending 1470 byte datagrams
UDP buffer size:  112 KByte (default)
------------------------------------------------------------
[  3] local 192.168.100.11 port 55171 connected with 192.168.100.12 port 5001
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.0 sec   113 MBytes  94.8 Mbits/sec
[  3] Sent 80604 datagrams
[  3] Server Report:
[  3]  0.0-10.0 sec  55.0 MBytes  46.1 Mbits/sec   0.216 ms 41396/80602 (51%)
[  3]  0.0-10.0 sec  27 datagrams received out-of-order
$ iperf -c 192.168.100.12 -u -b 100000000
------------------------------------------------------------
Client connecting to 192.168.100.12, UDP port 5001
Sending 1470 byte datagrams
UDP buffer size:  112 KByte (default)
------------------------------------------------------------
[  3] local 192.168.100.11 port 49548 connected with 192.168.100.12 port 5001
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.0 sec   113 MBytes  94.5 Mbits/sec
[  3] Sent 80372 datagrams
[  3] Server Report:
[  3]  0.0-10.0 sec  54.9 MBytes  46.0 Mbits/sec   0.243 ms 41188/80370 (51%)
[  3]  0.0-10.0 sec  2 datagrams received out-of-order

フローテーブル更新をしているようなタイミングでは遅延が14msecぐらいになったりと、ぶれはありますが、実験で使う分には問題なく使えます。
負荷をかけているときに、WHR-G301Nでtopしてみたところ、CPU使用率は30%ぐらいしかなかったので、I/Oネックか、ユーザスペースで動作していることが原因で頭打ちになっているようです。

これでOpenFlowの調べ物がやりやすくなったなり :-)

それにしても、自宅ラック勉強会...恐るべし ((;゚Д゚)ガクガクブルブル 
そして、ありがたや~ヽ(´д`ヽ)(ノ´д`)ノ
スポンサーサイト

ネットワーク コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

PANTOMAIMU

Author:PANTOMAIMU
本当は仕様を決めたり設計だけじゃなく、プログラミングもしたいのに~というジレンマを抱えながらも、時間があれば家でプログラムを作ったりしている、しがないSE....
趣味はお絵描きに曲作りに自転車 :-)

Twitter @PANTOMAIMU

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。