FC2ブログ

ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

gemインストールメモ

2012年06月03日 00:13

Ruby1.8を使うための、gemインストール手順をメモ :-)
Rubyの開発にNetBeansを使っているので、NetBeansが前提になっています...

RubyGemsからソースコードのzipファイルをダウンロード

今は1.8.24最新。rubygems-1.8.24.zip
で、ダウンロードしたファイルを解凍してビルドします

>tar xzvf rubygems-1.8.24.zip
>cd rubygems-1.8.24
>/home/***/ruby/1.8.7/bin/ruby setup.rb
>mkdir -p /home/***/ruby/1.8.7/lib/ruby/gems/1.8/gems

setup.rbを実行する際、gemをインストールしたいRubyを直接指定して実行すると、そのRubyのbin配下にgemを生成してくれます :-)
最後のmkdirは、gemで管理するライブラリの保存場所を作っています。
この場所は、Rubyをインストールしたディレクトリ配下の  lib/ruby/gems/1.8/gems に作るのがNetBeansのRubyプラグインでは基本みたいです...
あと、NetBeansのRubyプラグインは、ruby本体が存在する同じディレクトリにgemがあるのを前提としているようです。

で、開発用に複数のバージョンのRubyで開発したり動作確認するために、各バージョンごとにRubyをビルドしていると思うので、そのビルドごとにgemをインストールすることをおすすめします。

環境変数には、実際に使うrubyのパスやgemホームを設定して、開発に使うものはNetBeansに定義する...という使い方をしています。

実際の環境変数の設定ついては、RubyGemsのインストールを参照してください。

最近、ログ解析用だけど、お仕事でRubyを使えるようにしたので、ちょっとニヤニヤヽ(=´ω`=)/

スポンサーサイト

Ruby コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

PANTOMAIMU

Author:PANTOMAIMU
本当は仕様を決めたり設計だけじゃなく、プログラミングもしたいのに~というジレンマを抱えながらも、時間があれば家でプログラムを作ったりしている、しがないSE....
趣味はお絵描きに曲作りに自転車 :-)

Twitter @PANTOMAIMU

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。