FC2ブログ

ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

CppUnitをソースからインストール(Linux)

2010年07月31日 21:52

先日のNetBeansでCppUnit(Fedora編)では、yumを使ってお手軽にCppUnitをインストールしましたが、ソースコードからビルドしてインストールする手順も、メモの代わりに書いておきます :-)

まず最初に

http://sourceforge.net/projects/cppunit/files/cppunit/1.12.1/

にいって

cppunit-1.12.1.tar.gz

をダウンロードします。
ダウンロード先はホームディレクトリ配下のどこでもかまいません。
ダウンロードが完了したら、

>tar zxvf cppunit-1.12.1.tar.gz

と実行して解凍します。

解凍が完了したら

>cd cppunit-1.12.1

で、解凍したディレクトリに移動します。
Automakeでビルドするので、お約束の

>./configure

を実行して

>make

とすればビルドが完了します。
あとはsuでスーパーユーザになって、以下のようにインストールします。

>su
>make install


これで、/usr/local/includeにヘッダファイル、/usr/local/libにライブラリがインストールされます。
環境によっては/usr/local/libが共有ライブラリとして登録されていないので、以下の手順で登録します。

この登録は、スーパーユーザの権限のまま進めてください。

まずはetc配下にあるld.so.confに/usr/local/libを追加します。

>vi /etc/ld.so.conf

を実行して
ld.so.confの最後の行に

/usr/local/lib

を追加して保存します。

その後、

>/sbin/ldconfig

と実行して終了です。

CppUnitなんて開発でしか使わないので、環境変数LD_LIBRARY_PATHに/usr/local/libを設定して済ませるのも手ですが、うちの環境では念のためldconfigを使って登録しています。
スポンサーサイト

C++ コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

PANTOMAIMU

Author:PANTOMAIMU
本当は仕様を決めたり設計だけじゃなく、プログラミングもしたいのに~というジレンマを抱えながらも、時間があれば家でプログラムを作ったりしている、しがないSE....
趣味はお絵描きに曲作りに自転車 :-)

Twitter @PANTOMAIMU

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。